初めて借りるときは

カラフルなアパート

初めて賃貸マンションを借りるなら、借りるために用意しておくべきものがあります。一番大事なのがお金です。契約をするときに必要なのが初期費用です。用意する目安としては、借りる賃貸マンションの家賃6ヵ月〜7ヵ月分くらいです。このくらいの費用を用意しておけば余裕をもって部屋探しができます。 また、契約するのには印鑑、身分証明書、住民票の写しが必要です。その他に、源泉徴収票などの収入を証明する書類を求められることもあります。また、賃貸を借りるうえで外せないのが「連帯保証人」の存在です。ほとんどどんな賃貸マンションでも連帯保証人が必要になります。ただし、今は「保証人不要物件」も増えてきています。連帯保証人の成り手がいない場合は便利なシステムです。

初期費用を抑えたい人のためにあるのがゼロゼロ物件です。ゼロゼロ物件とは敷金ゼロ・礼金ゼロの賃貸物件のことです。通常の賃貸マンションを借りると、平均的に敷金家賃2カ月分、礼金家賃1か月分ほどが必要になります。しかし、ゼロゼロ物件を借りると敷金と礼金がないので、初期費用合計家賃3か月分ほどがお得になることになります。 ただしゼロゼロ物件にはリスクもあります。ゼロゼロ物件と謳っていても実際は保証金や鍵交換料などを請求されるケースもあるので注意が必要です。それにゼロゼロ物件はもともと格安物件です。常識的に考えて魅力的なマンションが敷金ゼロ礼金ゼロになるわけはないので、あくまでも「安さを重視」したい人向けの賃貸です。