住宅環境の変化

リビングと階段

住宅は昔から人々の生活に欠かせないものでした。遠く昔は太陽とともに生活をし、人々の生活スタイルもほとんど同じものでした。ですから必要とされる住宅も同じものだったのです。しかし夜でも働く人が出てきたり二世帯で暮らす人、単身で暮らす人など生活様式が大きく変化し一人一人が住宅に求めるものが変わってきました。そうすると住宅を建築する際にもよりこだわりを持った注文住宅という建築方法がより注目されるようになりました。現在では注文住宅を提供している建築会社も多くそれぞれの会社によって完成する住宅も全く異なるのです。 今後も注文住宅という建築方法はより多くの人に利用される建築方法といえます。しかし新築住宅の戸建て件数が減少しているのでその競争はますます厳しくなると予測されています。

住宅を建築する際に気になるのが建築費用です。住宅は人生で一番高い買い物といわれています。特に注文住宅では数千万円から数億円の費用が必要になるのです。ほとんどの人は現金で払わずに住宅ローンを組んで住宅を購入します。現金を持っている人でもローンを組むことで控除などが受けられお得なケースもあるのです。しかし数千万円というお金を貸すには銀行側にもそれなりのリスクが存在します。この人に貸してきちんと回収できるかどうかということです。ですからローンを貸す前には審査が行われます。審査ではローンを組む人本人の勤め先、勤続年数、他の借入(自動車ローンなど)の有無などが審査されます。この審査を通過して初めてローンを組むことができるのです。