細かい情報を得る

マンションと青空

一般的な賃貸住宅に入居する際は、敷金・礼金・入居月の前家賃・仲介手数料といった初期費用が必要になります。これに引っ越し費用などを加えると家賃の半年分くらいのお金が必要になります。必要ならば仕方ないとはいえ、いくらかでも負担が軽くなるのであればそれに越したことはありません。 そんなときに便利なのが、フリーレントという物件です。フリーレントとは、入居すれば家賃が一定期間無料になるという賃貸物件です。期間は物件ごとにまちまちですが入居時から1〜3か月程度というのが一般的で、中には半年間無料という物件もあります。かつては都心部を中心にごく少数の物件があるだけでしたが、現在ではこのシステムを取り入れた賃貸住宅が全国各地に登場しています。

フリーレントは入居者にとっては初期費用を抑えることができるという点で魅力のある物件ですが、オーナー側もその魅力によって空き室解消に役立つというメリットがあります。単純に家賃を値下げしたのでは他の入居者との公平性の点で問題が生じますが、このシステムを利用すれば家賃の月額は変えないままで実質的な値下げが可能となります。また、一定期間は解約できないという制限を設けることで大きな損失を免れることもできます。 こうした物件は、物件情報を細かくチェックしていれば「フリーレント1」とか「フリーレント3」とかいった表示があるので見分けることができます。また賃貸物件の検索サイトなどではキーワード検索で見つけることも可能です。